インフルエンザはいつ、どこで、誰から感染してしまうのか分かりません。

インフルエンザを予防する上で重要となってくるのがインフルエンザワクチンを投与する予防接種です。

子供や乳児がインフルエンザに感染してしまうと症状が悪化して最悪の事態になり兼ねません。

しかし、予防接種をしても感染してしまうことは多々あり、値段もそれなりに掛かります。

本当に予防接種はするべきものなのでしょうか。

Sponsored Link

インフルエンザワクチンに効果はあるの?

インフルエンザは予防接種をすれば100%感染しなくなるものではありません。

ワクチン業界にはインフルエンザの予防接種は「全く意味がない」と考え、ワクチンに詳しいからこそ予防接種を打たないと判断する人もいます。

ただし、これはどのような定義によってワクチンに有効性があるかどうかを見極める必要があり、その見極めは難しいです。

例えばワクチンを投与した年齢層によって結果に違いが生じてきますし、発病の有無の判定基準なども曖昧になりがちです。

さらに、薬というものは、毒と紙一重なものであり、薬の使用方法を間違えてしまえばそれは毒となります。インフルエンザワクチンを大量に体内に打ち込めばインフルエンザにかかってしまいます。

つまり、物の見方、データの捉え方によってインフルエンザワクチンに効果があるかどうかは変化してくる為、断定して効果の有無を言い切ることはできません。

インフルエンザの予防接種は必要なのか?

ではインフルエンザの予防接種は必要なのかといった話になってきますが、そもそも、インフルエンザワクチンとはどのようなワクチンなのでしょうか。

インフルエンザの予防接種を受けることによって得られる効果は「インフルエンザから感染を予防する」と考えられていることが多いですが、厳密にはインフルエンザワクチンには感染を予防する効果はありません。

厚労省の見解ではワクチンの接種は「重症化の防止」といった意味合いでインフルエンザワクチンを投与する考えがあり、インフルエンザに感染してしまうときは予防接種をしていても、していなくても感染してしまうものなのです。

インフルエンザの感染経路は主に飛沫・空気感染であり、インフルエンザウイルスが鼻や口の粘膜から体内に入って細胞内で増殖します。このような感染経路は物理的なものであり、インフルエンザワクチンではこれを防ぐことができません。

つまり、日頃からインフルエンザに感染しない為の予防対策を施しておく必要があります。

Sponsored Link

結局、ワクチンは打つべき?打たない?

インフルエンザウイルスは人間と同じく生命体であり、その生命を存続させていくためにウイルスは常に変化していきます。

その為、毎年新しくインフルエンザワクチンが作られていることもあり、ワクチンの精度を確かめることは難しいと言えます。

さらに、インフルエンザに関する多くの研究資料によって得られたデータの取り方が確実に正しいわけではなく、その数字をどのように解釈するかによって物の見方は左右されます。

結局、ワクチンを打つか迷った時は自身が何を求めてワクチンを打つかが重要となってきます。

絶対にこの冬に体調を崩したくないからインフルエンザの予防接種を受ける!

といっても、インフルエンザの予防接種はインフルエンザウイルスのみに対するワクチンであり、通常の”風邪”と呼ばれるウイルスに対しては何の効果もありません。

インフルエンザの予防接種は感染をしても発症効果をある程度防ぎ、重症化を回避する可能性はあがりますが、そもそもインフルエンザに感染しないことを求めている人にとっては、インフルエンザの予防接種は期待する効果が得られないと言えます。

重症化すると命を落としてしまう危険性の高い高齢者や子供、乳児は予防接種を受けておくことで重症化を防ぐ可能性が上がります。

乳児や子供の場合は免疫力の高い成人に比べると感染して症状が出てきてしまう可能性は下げにくいと考えられますが、インフルエンザの重症化リスクを下げるといった意味合いであれば、予防接種は受けておいたほうが良いでしょう。

Sponsored Link