インフルエンザの予防接種を受けたは良いものの、副作用によって体調が悪くなってしまうことがあります。

予防接種で副作用が出てくる人は10%~20%ほどの割合で確認されています。

インフルエンザ予防接種の副作用

インフルエンザの予防接種ワクチンには副作用として主に以下のような症状が挙げられます。

  • 腫れ
  • 痛み
  • 痒み
  • 発熱
  • 悪寒
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 頭痛

などの症状が副作用(副反応)として出てくることがあります。

これらの症状は2、3日程度で消えることがほとんどですが、人によっては副作用によって重度の副作用が出てしまうことがあります。

重度の副作用

インフルエンザの予防接種によって引き起こされる重度の副作用には、筋肉を動かす運動神経に障害がおき、手足に力が入らなくなるギラン・バレー症候群や、急速に現れる全身のアレルギー症状のアナフィラキシー、肝機能障害、脳炎、喘息などがあります。

Sponsored Link

副作用が出てくるのはなぜ?

予防接種によって副作用が出る原因には体が抗体を作るためにワクチンに含まれている不活性ウイルスと闘っていることが挙げられます。

予防接種を受けると体内にウイルスが侵入してくるため、それと闘うために体内ではウイルスと闘う物質などを分泌します。

そして、ウイルスと闘う為に分泌される物質によって副作用のかゆみや腫れなどが起きてきます。

これらの症状が出てくる原理には風邪をひいたときと同じことが言えます。

風邪をひいたときは症状として発熱をするのが一般的ですが、この発熱はウイルスが体の体温を上げているのではなく、体がウイルスと闘いやすい環境にするために体温を意図的に上げているものです。

インフルエンザのワクチンを打った時にも、これらの現象が引き起こされており、そのためにあらゆる副作用の症状が出てきてしまいます。

Sponsored Link

各副作用の原因

腫れる・かゆみ・痛み

インフルエンザの予防接種を受けると出てきやすい副作用が、注射を打った場所の腫れ・かゆみ・痛みです。

これらの症状が引き起こされる原因には接種部位の皮膚の浅い部分にワクチンの薬液が入ってしまったり、正確に注射ができなかった場合が考えられます。

これらの症状が出てきた時は接種部位をこする、揉むなどといった刺激を与える行為はしないようにしましょう。

腫れていたり、かゆみを感じたりするとつい気になって触ってしまいがちですが、注射によって傷ついている皮膚に刺激を与えると更なる痛みが出て来たり、症状が悪化する可能性があります。

腫れやかゆみなどを感じていて我慢ができない時の対処法としては、接種部位を冷たいタオルなどで冷やすと薬液による皮膚症状の軽減が期待されます。

予防接種をした後にこれらの症状を感じても自然体で放置していても問題ありません。2、3日経過すれば多くの副作用はなくなります。

接種部位の腫れ症状などが後遺症として残ることはないので、気にし過ぎないように安静にしていましょう。

嘔吐・下痢・腹痛

予防接種の副作用で嘔吐や下痢、腹痛の症状が引き起こされることはよくあります。

これらの症状は接種後1日~2日程度で消えますが、嘔吐や下痢といった体外に水分を排出してしまう症状は脱水症状に陥る可能性もあります。

3日以上続いて症状が酷い場合は予防接種による症状ではない可能性も考えられる為、かかりつけの医師に相談してみましょう。

インフルエンザの予防接種を受ける時期は、下痢や嘔吐の症状が引き起こされるノロウイルスが流行する時期と重なっているため、他の要因によって下痢や嘔吐が引き起こされていることが考えられます。

予防接種を受けに病院にいったものの、病院先で何らかのウイルスや病気を貰ってきてしまうケースはよくあります。

>>下痢・嘔吐を繰り返さないための対応・改善方法

発熱

副作用によって引き起こされる熱の多くは1日~2日程度で下がります。

子供や赤ちゃんに発熱の症状がみられることがありますが、明らかに様子がおかしかったり、発熱が3会場続いて心配な場合はかかりつけの医師に相談してください。

予防接種ワクチンを受けると体質的な問題で重篤な副作用が引き起こされる場合がありますが、発熱については同じ予防接種を次回受けてもまた発熱するとは限りません。

副作用が引き起こされる要因には、予防接種を受けた時の体調が関係してくることがある為、予防接種を受ける時は健康状態を把握して、調子が良い時に受けるようにしましょう。

悪寒・寒気

悪寒を感じるときは同時に発熱症状が引き起こされていることが考えられます。

悪寒や寒気は急激な体温の上昇によって感じることが多く、体調に変化があったことを脳が教えてくれている証拠です。

人は悪寒や寒気を感じると体調が悪いことに気づくことができるため、寒気や悪寒は体調の変化の知らせと考えると良いでしょう。

最後に

インフルエンザの予防接種によって引き起こされる副作用には不安を感じてしまうことが多いですが、重篤な副作用は接種後の30分以内に引き起こされることがほとんどです。

予防接種の副作用が心配な方は接種後30分の健康状態に注意し、何かあっても医師にかかれる状態にあるようにしておくと良いでしょう。

関連記事予防接種をしたのに感染して高熱が出るのはなぜ?

Sponsored Link