インフルエンザに罹った、あるいはインフルエンザに感染したかもしれない状況に陥った時の対処法には抗インフルエンザ薬であるタミフルなどが投与されます。

しかし、インフルエンザの薬によってベランダから飛び降りようとする事件が発生していたこともあり、危険や抵抗を感じている人もいるでしょう。

そのような薬をインフルエンザに罹った子供に投与する時は、自分が服用する時よりも不安を感じてしまいます。

Sponsored Link

インフルエンザで薬を飲まないとどうなる?

インフルエンザに感染した人に対して投与されている抗インフルエンザ薬のタミフルなどは直接的にインフルエンザウイルスを撃退するものではありません。

タミフルはウイルスを撃退するものではなく、インフルエンザウイルスが細胞から離れ、次の細胞に乗り移る時に足止めをしてくれる薬である為、タミフルの中途半端な服用は避けるようにしましょう。

引用:子供がインフルエンザにかかった時に知っておきたい5つのこと

つまり、薬を服用しなかったとしてもインフルエンザを治すのは結局は自分自身の免疫力にかかっています。

薬を使うことによってインフルエンザの重症化を防ぐ確率が上がり、必然的に回復も早くなる可能性も上がります。

しかし重要なのは薬を使うことではなく、インフルエンザ患者の体調を如何に良い状態にしておくか、栄養のある食事をして、十分な睡眠をとる、といった休養が大切な要素になってきます。

いくら薬を飲んでいたとしても体の状態が悪ければインフルエンザは治りません。

インフルエンザは薬を飲むことによってある程度、症状が緩和されたり、重症化を防ぐことができますが、感染したら絶対に必要なものではないということです。

Sponsored Link

薬の副作用|異常行動が心配との声も

また、インフルエンザの薬を投与するか迷う要因には薬の副作用も挙げられます。

抗インフルエンザ薬として有名なタミフルを投与した子供がベランダから飛び降りようとするといった異常行動を引き起こす事例が発生していたこともあり、インフルエンザの薬に対して不安を抱いている人は多いです。

そして、これらの異常行動はタミフルに限らず、同じ抗インフルエンザ薬として使用されているリレンザや、イナビルなどでも異常行動が出るとされています。

異常行動にあたる例としては以下のようなものが挙げられます。

  • 突然立ち上がって無意味に部屋から出ようとする
  • 手を広げたり部屋を駆け回る
  • 訳のわからない言葉を発する
  • 興奮してベランダから飛び降りようとする

このような異常行動が引き起こされる原因は細かく特定されていませんが、薬によって異常行動が引き起こされる可能性は今も尚、ゼロではないということです。

異常行動は乳幼児や小学生などの子供に多く見られ、インフルエンザに感染した子供がいる家庭では思わぬ事態に発展しないように注意を払う必要があります。

薬は必要なのか?

上記でも述べている通り、インフルエンザは薬が絶対に必要な病気ではありません。

インフルエンザの薬は異常行動だけでなく、免疫力の低下やウイルスの細菌感染の危険性を懸念している論文もあり、インフルエンザの薬には重症化を防ぐに至る証拠はないとされています。

その他にもインフルエンザの薬は投与していても、脳症などといった合併症の発症予防にはならないとする論文も存在しており、薬の効果がどこまであるのかは定かではありません。

昔から「薬は毒」と呼ばれているように、薬には必ず副作用というものが存在しています。インフルエンザの薬にはたしかにメリットがある部分もありますが、デメリットが生じるケースもあります。

インフルエンザに罹ってしまった患者さんは薬を使っても使わなくても、数日間は安静にしなければならないことに変わりはありません。

インフルエンザが重症化してしまうと最悪の事態に発展しかねないハイリスク群にあたる人以外の薬の重要性は高くないと言えます。

Sponsored Link