インフルエンザが流行する時期に体調不良になると風邪なのか、インフルエンザなのかを疑ってしまいます。

単なる風邪であれば良いものの、インフルエンザの場合は身の回りの人に感染、集団感染をさせてしまう恐れもある為、適切な対応が求められてきます。

そのためにはインフルエンザの主な初期症状や、風邪との違いを把握しておきましょう。

Sponsored Link

インフルエンザの主な症状

インフルエンザは体内にウイルスが侵入し、潜伏期間を経て体内でウイルスが増殖した結果、インフルエンザの症状がみられるようになります。

インフルエンザの主な初期症状には

  • 突然の38度以上の発熱
  • 全身の倦怠感
  • 関節痛・筋肉痛

などといった全身の症状を伴うものが主なインフルエンザの症状として挙げられます。

全身症状などが確認されると同時、あるいは若干遅れてのどの痛みや咳といった呼吸器系の症状が現れてきます。

  • 頭痛
  • のどの痛み
  • 鼻水
  • 嘔吐
  • くしゃみ
  • 腹痛
  • 下痢
  • 寒気・悪寒

これらの症状は風邪の症状と似ている部分があり、見分けがつけにくいと言えます。

また、インフルエンザに感染した人は皆、同じ症状を引き起こすわけではありません。

例えば高熱には至らないまま微熱で留まり、インフルエンザが完治する人もいる一方で、インフルエンザの発症を起点に、肺炎や脳症を併発して重症化してしまうケースもあります。

Sponsored Link

風邪との違い

インフルエンザは体調不良という意味では風邪と同じですが、細かく症状の違いを見比べてみると初期症状の現れ方や、風邪にはない症状が挙げられます。

症状 インフルエンザ 風邪
発病の仕方 急激 緩やか
主な症状 ・全身症状
・38度以上の発熱
・上気道症状(鼻水・くしゃみ・咳など)
・発熱
・上気道症状
合併症 肺炎・脳症・気管支炎など 少なめ(中耳炎など)
流行時期 12月~3月 一年中
鼻・咽頭炎 全身症状と同時・または後から 最初から

インフルエンザは風邪と同じ症状も見られますが、全身症状も多く確認されます。

初期症状の段階で全身的な症状がみられた時は風邪よりもインフルエンザを疑った方が良いでしょう。

風邪はあらゆる病原体ウイルスの感染から発症し、疲労や急激な温度変化などによって引き起こされますが、全身症状が確認されることはあまりありません。

インフルエンザは風邪と違い、合併症を引き起こす可能性も高いため、風邪に比べて危険性が高いと言えます。

最後に

インフルエンザか、風邪か分からない時は医療機関に行き、検査をするのが確実ですが、必ず病院に足を運んで受診をする必要はありません。

様々な患者が多くいる病院や診療所にはインフルエンザ患者も多くいることから、本来は単なる風邪であったのにも関わらず、病院で感染してしまう可能性もあります。

症状が比較的軽く、自宅にある市販薬などで療養できる時は自宅で療養していても構わないでしょう。

ただし、自己判断によって風邪だと思っていたものがインフルエンザだったというケースもあります。
以下で挙げている持病を持っている方は、インフルエンザが重症化しやすいハイリスク群として挙げられています。
  • 慢性呼吸器疾患
  • 慢性心疾患
  • 代謝性疾患(糖尿病)
  • 腎機能障害
  • 免疫機能不全

これらの持病を持っている方や、乳幼児、妊婦、高齢者の方はインフルエンザが重症化しやすい傾向にある為、該当する方はできる限り病院で適切な判断を受けたり、相談をしておくと良いでしょう。

Sponsored Link