インフルエンザは毎年、冬に流行するウイルスとして恐れられ、人類に残されている最大級の疫病とまで呼ばれています。

インフルエンザは日本だけに限らず、世界中であらゆる形体に変化してウイルスが蔓延しており、人類とウイルスとの闘いは長きに渡って続いています。

インフルエンザとは?

日本のインフルエンザは毎年、11月頃から流行し始めて1月、2月頃までが流行のピーク時期となります。

毎年の感染者数は約1,000万人と予想されており、そのうちの約1万人はインフルエンザが原因、あるいは合併症を引き起こして亡くなっています。

さて、インフルエンザとはどのようなウイルスで、その予防法や対策知識には何があるのでしょうか。

インフルエンザの症状

インフルエンザは感染すると風邪に比べて症状が重く、感染力も強いです。重症化すると取り返しのつかない状況にもなり兼ねません。

インフルエンザは何らかの症状が出てくる発症時期になると、発熱がピークに達するまでの時間は風邪に比べて早く、すぐに全身症状が現れてきます。

風邪は徐々に症状が出始めて熱も上がってきますが、インフルエンザは短時間で様々な症状が突然現れてきます。

インフルエンザの主な症状としては

  • 頭痛
  • 筋肉痛・関節痛
  • 鼻水・鼻づまり
  • のどの痛み
  • 寒気
  • 発熱

などがありますが、他にも下痢や嘔吐などといった症状が現れるケースもあります。

>>インフルエンザと風邪の違い

これらの症状はインフルエンザの型によって少々異なり、大きく分けてA型、B型、C型のウイルスが存在しています。

毎年、世界中で恐れられているウイルスはA型であり、A型の中にもたくさんの種類のウイルスが存在しています。

そして、毎年その型は徐々に変化していくため、人類とウイルスの戦いが続く原因になっています。

>>A型、B型、C型の症状と違い

インフルエンザの感染経路

発症してしまうと高熱にうなされ、酷い倦怠感なども襲ってくるインフルエンザ。

可能であればインフルエンザに感染することは回避しておきたいところです。

そのためにはインフルエンザウイルスがどのようにしてヒトからヒトに感染していくのかといった、感染経路を自身の頭の中で把握しておくことが重要となってきます。

インフルエンザがヒトからヒトに感染するのは、飛沫感染と接触感染の二つが主な感染経路です。

インフルエンザに感染している人の体液にはインフルエンザウイルスが含まれており、その体液は咳やくしゃみをした時に、周囲に非常に細かな飛沫となって飛び散ります。

これが飛沫感染であり、1~2メートル以内に人がいると自然とこのウイルスを含む飛沫を吸い込んでしまい、感染してしまいます。

接触感染は唾液や、鼻をかんだ後のティッシュなどに含まれているウイルスが手やテーブルの表面、ドアノブなどに付着することで、その物体にインフルエンザウイルスが残り続けるというものです。

そして感染していない人がウイルスの付着した物などに触れ、その手で食べ物や口元に触れることで体内にウイルスが侵入していきます。

>>インフルエンザの感染経路~イラスト・図まとめ~

インフルエンザの予防方法

インフルエンザウイルスから身を守る為には感染経路を知った上でその予防方法や対策知識を把握しておかなければなりません。

インフルエンザの感染を防ぐために重要なのは手洗いや、うがいといった基礎的な予防法です。

流水でよく手を濡らして石鹸をつけ、洗い残しの多くなりがちな指と指の間や、爪、手首などもしっかりと洗うように心掛けましょう。

>食べ物でインフルエンザを予防する

予防接種

インフルエンザの予防に最も効果が高いとされているのは予防施主です。

インフルエンザの予防接種は不活性ワクチンという増殖しないインフルエンザウイルスを注射で体内に入れ、事前にインフルエンザウイルスに対抗できる免疫の構築を図ります。

ただし、インフルエンザの予防接種は効果がしっかりと出てくるまでに時間がかかるため、流行する前に予防接種を完了させておくことが大切です。

>>子供が予防接種を受ける最適な時期と間隔

>>子供が予防接種をする時に把握しておきたい4つのこと

 

予防・対策知識

インフルエンザ解熱後の過ごし方

インフルエンザの感染経路

インフルエンザで出席停止になる期間

A型B型C型の特徴と違い

食べ物で感染予防できる食品

 

予防接種について

予防接種で副作用が起きる原因と対処法

インフルエンザワクチンの持続期間

子供が予防接種をする時に把握しておきたい4つのこと

子供や予防接種を受ける最適な時期と間隔

予防接種は本当に受ける必要がある?

 

潜伏期間について

潜伏期間中にできる対処・対応方法

潜伏期間中は学校や仕事に行くべきか

潜伏期間中の感染力や発症期間について

 

症状について

インフルエンザの初期症状と風邪の違い

子供が発症した時に知っておきたい5つのこと

解熱後に症状が残る原因

嘔吐を繰り返す、下痢が止まらない時の対処法

症状が出てこない人に感染力はある?

発症しても熱が出ない原因

 

検査について

インフルエンザの検査方法

本当は感染しているのに陰性になるケース

検査で鼻が痛い…子供が泣く声も多数

インフルエンザの検査時期はいつがベストか